第100回
(1988年下半期)
         由煕
李 良枝(著)   講談社 (1997/09 発行)
【定価】 1,260円
悩み、傷つき、悲しみ、彼女は帰って行った…… 民族の、言語の、存在の意味を問う、感動の作品集。 在日韓国人の祖国における心の揺れを描く。主人公の女子学生由熙は、韓国の大学に入るが、周囲の韓国人との生活に常に違和感を抱き、ついには日本へと帰ることになる。在日韓国人二世の新しい世代を描く。

第100回
(1988年下半期)
        
南木佳士(著)   文藝春秋 (1992/02 発行)
【定価】 450円
火の山を望む高原の病院。そこで看護士の和夫は、様々な過去を背負う人々の死に立ち会ってゆく。病癒えず逝く者と見送る者、双方がほほえみの陰に最期の思いの丈を交わすとき、時間は結晶し、キラキラと輝き出す…。絶賛された芥川賞受賞作。

第99回
(1988年上半期)
        
新井 満(著)   文藝春秋 (1988/08 発行)
【定価】 973円
都市に暮らす人々はいま、豊かな物質と過剰な情報の洪水の中で疲れきり、たしかな「自分」を見失っていはしないだろうか。「尋ね人の時間」は自分捜しの物語だ。失踪した鳥を探し求める鳥篭のように、失われたわれを求めて尋ねさすらうカメラマンと女子大生の哀しくも結ばれぬ関係―。現代人の心の空洞を描く芥川賞受賞作。

第98回
(1987年下半期)
        
三浦 清宏(著)   福武書店 (1988/02 発行)
【定価】 1,050円
息子を禅僧への道に送り出した変哲もない家族の戸惑いと、型破りな師匠の尼僧をユーモラスに描き、「現代の子捨て物語」と評された、芥川賞受賞作。

第98回
(1987年下半期)
        
池澤 夏樹(著)   中央公論社 (1988/03 発行)
【定価】 998円
遠いところへ、遠いところへ心を澄まして耳を澄まして、静かに、叙情をたたえてしなやかに―。清新な文体で、時空間を漂うように語りかける不思議な味。ニュー・ノヴェルの誕生。中央公論新人賞・芥川賞受賞作。

第97回
(1987年上半期)
        
村田 喜代子(著)   文藝春秋 (1990/08 発行)
【定価】 368円
きれぎれの記憶を通し、思い出がよみがえる。老女の語りに、少女は初めて大人の秘密にふれ、生きることのはかなさと哀しみを知った―。のびやかな文章で、少年と少女と老女の、田舎の家でのひと夏の暮しを描き、家族を思い、人と人の絆を知る芥川賞受賞作品。

第96回
(1986年下半期)
        
該当作品なし

第95回
(1986年上半期)
        
該当作品なし

第94回
(1985年下半期)
         過越しの祭
米谷 ふみ子(著)   新潮社 (1991/02 発行)
【定価】 286円
奴隷解放を祝うユダヤの祭で結束固い夫の一族に翻弄され,自らの解放を密かに決行した「過越しの祭」。

第93回
(1985年上半期)
        
該当作品なし

全 186 件中  61 〜 70 件目を表示中

<<先頭へ <前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ> 最後へ>>