群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は講談社が刊行する文芸誌群像が、1958年から設けた公募新人文学賞で、小説・評論の2部門を持ち、以降年一回発表されている。
受賞は選考委員の合議によって決定される。
受賞者には正賞として50万円(2004年現在)が授与され、受賞作は『群像』に掲載される。
第55回
(2012年)
        
架空列車

岡本 学(著)      
 

第54回
(2011年)
        
美しい私の顔

中納 直子(著)      
 

第52回
(2009年)
        
カメレオン狂のための戦争学習帳

丸岡 大介(著)      
 

第49回
(2006年)
        
無限のしもべ

木下 古栗(著)      
 

第49回
(2006年)
         憂鬱なハスビーン
朝比奈 あすか(著)   講談社 (2006/09/01 発行)
【定価】 1,260円
自分の中に何の指針もないことに気づいて、私は急に泣きたくなった。戻る道はないくせに、向こう岸には渡りたくない。新しい港を探す気力もない。なんて中途半端なんだろう、と。東大を卒業し、外資系一流企業で一番のスピード出世をし、弁護士の夫を持った。それなのに、今の私は満ち足りていない…。そんな凛子(29歳)はある日、かつての神童・熊沢くんと出会う―。あなたは誰かに何かを期待されていますか?あなたはまだ自分に何かを期待していますか?第49回群像新人文学賞受賞作。

第48回
(2005年)
         さよならアメリカ
樋口 直哉(著)   講談社 (2005/07 発行)
【定価】 1,260円
新世代の感覚と文学の伝統。これぞ小説の未来形。 ぼくは袋を被って生活している。袋の後ろには「SAYONARAアメリカ」というロゴが。噂で聞いた、袋族の少女と出会うために、ぼくは街を彷徨う。突然現れた、異母弟を名乗る男との共同生活。巡り会うことのできた袋族の少女への思い。 純粋な感性と倒錯的視点が現出させた、現代文学の新しい姿。

第47回
(2004年)
         狐寝入夢虜
十文字 実香(著)   講談社 (2005/05 発行)
【定価】 1,260円
現代社会に女性として存在することの新しい難しさ。ひとりぼっちこの世界のたった1つの哀しみを、深く潔い語りの力で描く、魅力的な才能の登場!

第46回
(2003年)
         火薬と愛の星
森 健(著)   講談社 (2003/09 発行)
【定価】 1,470円
いわゆる女たらし系の「おれ」は、いろんな女性をナンパしつつ、一人の恋人に出会ってここで「死のう」と思う…。現代文学版「100万回生きたねこ」。

第45回
(2002年)
         ジャイロ!
早川 大介(著)   講談社 (2002/12 発行)
【定価】 1,680円
村上 龍、村上春樹、阿部和重につづく気鋭の才能が、いま輝きだす。 第45回群像新人文学賞受賞! 僕と猟平との“危険なキャッチボール”が原因で彼の家は全焼した……。 熱を孕んだ文章が読む者を片っ端から作品世界に引き込んでしまう。まさに現代の悪童日記!

第45回
(2002年)
         死せる魂の幻想
寺村 朋輝(著)   講談社 (2002/12 発行)
【定価】 1,575円
若い女性の孤独感と他者との関係性への切望を描く。大学生の千秋はお節介な祖母と二人暮らし。アパートと大学を往復する真面目な大学生。女友達はいるがBFはいない…。

全 60 件中  1 〜 10 件目を表示中

     1  2  3  4  5  6  次へ> 最後へ>>