文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、文藝春秋社が発行する文藝雑誌『文学界』の公募新人賞である。
第114回
(2012年)
        
こどもの指につつかれる

小祝 百々子(著)      
 

第113回
(2011年)
        
きんのじ

馳平 啓樹(著)      
 

第113回
(2011年)
        
髪魚

鈴木 善徳(著)      
 

第112回
(2011年)
        
癌だましい

山内 令南(著)      
 

第112回
(2011年)
        
甘露

水原 涼(著)      
 

第111回
(2010年)
        
ゴルディータは食べて、寝て、働くだけ

吉井 麿弥(著)      
 

第110回
(2010年)
         自由高さH
穂田川 洋山(著)   文藝春秋 (2010/08 発行)
【定価】 1,200円
ばね会社の廃工場建物を借りて木材を鑢り柿渋を塗る男、技術よりも執着でばね会社を繁栄させた大家の老人、建物を介し人と時間がゆるやかに繋がっていく―第110回文學界新人賞にして第143回芥川賞候補作。

第110回
(2010年)
        
乾燥腕

鶴川 建(著)      
 

第109回
(2009年)
        
ディヴィジョン

奥田 真理子(著)      
 

第107回
(2008年)
        
射手座

上村 渉(著)      
 

全 146 件中  1 〜 10 件目を表示中

     1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ> 最後へ>>