朝日新人文学賞(あさひしんじんぶんがくしょう)は 朝日新聞社が主催する公募新人文学賞である。
年一回発表されている。
受賞は選考委員の合議によって決定される。
受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2004年現在)が授与される。
また作品は、「小説トリッパー」紙上に連載され、単行本化される。
第16回
(2005年)
         陽だまりのブラジリアン
楽月 慎(著)   朝日新聞社 (2006/06 発行)
【定価】 1,470円
40歳で取締役営業本部長になった俺は、突然、ランジェリーに目覚めた―女装することで自己を解放し、人生に折り合いをつけていく主人公。その“第二の青春”と家族の再生を軽妙なタッチで描いた、さわやかな長編小説。『小説トリッパー』掲載作に大幅に加筆!第16回朝日新人文学賞受賞作。

第15回
(2004年)
        
サハリンのイトウ

河井 大輔(著)      
 

第14回
(2003年)
         パスカルの恋
駒井 れん(著)   朝日新聞社 (2003/08/06 発行)
【定価】 1,365円
暑苦しい恋は、もうしない-。母と娘、男と女。人と人のそこはかとない関係と「新しい愛のかたち」を透明な文体で描く。

第13回
(2002年)
         アレルヤ
桜井 鈴茂(著)   朝日新聞社 (2002/10 発行)
【定価】 1,365円
君みたいな人間は、旧来の意味におけるロクデナシ、っていうのとは違うのね。…君は別に成長の遅い若造じゃないんだ。そういう風に暮らしてゆく生物なんだ。

第12回
(2001年)
         贋作『坊っちゃん』殺人事件
柳 広司(著)   朝日新聞社 (2001/09 発行)
【定価】 1,575円
「坊っちゃん」の裏に浮かぶもう一つの物語。 東京に帰った「坊っちゃん」は、山嵐に赤シャツの自殺を知らされ、再び松山へ。そしてもう一つの物語が明らかになる。漱石の作品世界を再構築した物語。

第12回
(2001年)
         水に埋もれる墓
小野 正嗣(著)   朝日新聞社 (2001/09 発行)
【定価】 1,575円
ラインマーカーから、遠く、ためらいがちに、のびていく白い線が尽きると、忘却は終わる…。山と湾に囲まれた小さな共同体「浦」に住む老婆と少女の物語を、現代文学の最前線を意識した手法で描く。

第11回
(2000年)
         無頭人
辻井 南青紀(著)   朝日新聞社 (2000/09 発行)
【定価】 1,575円
僕たちは殺人者になることを恐怖した。ゲーム感覚でオヤジを狩る高校生たち。土下座する謎の覆面男。格闘技道場に通う美少女。昔日の女相撲力士「あばらおり」。なぜ僕たちは暴力をふるわずにいられないのか…。暴力とそれを生み出す人間の闇を描き出す。

第10回
(1999年)
        
ビハインド・ザ・マスク

勝浦 雄(著)      
 

第9回
(1998年)
        
天神斎一門の反撃

乗峯 栄一(著)      
 

第8回
(1997年)
        
鳳積術

金重 明(著)      
 

全 17 件中  1 〜 10 件目を表示中

     1  2  次へ> 最後へ>>