第27回
(2010年)
         TRIP
金原 ひとみ(著)   角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/12/25 発行)
【定価】 1,470円
「ねえ、何しに来たの? 海に」 逃避だよ――。日常から逸脱した旅の果てにあるものとは? 研ぎ澄まされた描写が光る、著者新境地の最新作!

第24回
(2008年)
         「洋酒天国」とその時代
小玉 武(著)   筑摩書房 (2007/05 発行)
【定価】 2,520円
開高健、山口瞳など、異才を放った社員たちが創った、サントリーのPR誌「洋酒天国」を軸に、高度経済成長に突入する直前の熱気に満ち溢れた時代の姿を描いた、極めて興味深い昭和史の1ページ。

第24回
(2008年)
         通天閣
西 加奈子(著)   筑摩書房 (2006/11 発行)
【定価】 1,365円
どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。八方ふさがりに見える二人は、周りの喧噪をよそに、さらに追い込まれていく。ところが、冬のある夜、通天閣を舞台に起こった大騒動が二人の運命を変えることに…。

第23回
(2007年)
        
庄野 至(著)   編集工房ノア (2006/07 発行)
【定価】 1,995円
「やちまた」の伝記作家・足立巻一とテレビドラマ作りで過ごした日々、モスクワで出会った若い日本人夫婦の憂愁、親しかった上司のカナダへの墓参の旅…。かけがえのない人と時の交情、詩情の5編を収録。

第23回
(2007年)
         その街の今は
柴崎 友香(著)   新潮社 (2006/09/28 発行)
【定価】 1,260円
わたし、昔の大阪の写真見るのが好きやねん。その、どきどきの中毒みたいな感じやねん-。過ぎ去った時間の上に再生し続ける街の姿に、ざわめく28歳の気持ちを重ねて描く、新境地の長篇。

第22回
(2006年)
        
眠れぬ川

松嶋 ちえ(著)      
 

第21回
(2005年)
        
該当作なし

第20回
(2004年)
        
該当作なし

第19回
(2003年)
        
芝居茶屋

三田 華(著)      
 

第18回
(2002年)
        
押し入れ

小森 隆司(著)      
 

全 27 件中  1 〜 10 件目を表示中

     1  2  3  次へ> 最後へ>>